Map

Transportation image

朝鮮建国後、漢陽(ソウルの旧名)が都に定めら れてから開港以前まで、朝鮮時代のソウルにつ いて展示されている空間です。都城内の雲従街、 六曹街、北村から都城の外の城底十里(城外の一 里(約3.9Km)以内の区域)に至るまでソウルの空 間とそこに住んでいた人々の様々な生活を紹介 しています。

  • 1首都漢陽の建設
  • 2豊かな街、北村
  • 3国家の中枢、六曹街
  • 4朝鮮随一の繁華街、雲従街
  • 5専門職の街、中村
  • 6漢陽の基盤、南村
  • 7城外の漢陽、城底十里

大韓帝国のソウルに吹き始めた変化の風を展示 遺物などで紹介しています。自主的改革の努力と 植民地支配の圧力が入り交じる中で、日常生活に 浸透した新しい文物などを紹介しています。

  • 8世界へ門戸を開く
  • 9新しいソウルの心臓、貞洞
  • 10開化の街、鍾路
  • 11皇城への夢

1910年、日帝により強制的に併合されてからの 暗鬱とした植民都市「京城」の様子や人々の暮ら しを展示してます。

  • 12奪われたソウル、京城
  • 13抗日民族運動の中心
  • 14京城都市紀行
  • 15京城を覆う戦争の影

終戦から2002年のワールドカップまでのソウ ルの歴史を知ることができる空間です。特に 6.25韓国動乱(朝鮮戦争)の廃墟の中から世界 的な巨大都市として発展するまでソウルが変 化してきた様子を展示しています。

  • 16解放と戦争の時代のソウル
  • 17ソウルは満員
  • 18ソウルは工事中
  • 19漢江の開発と汝矣島
  • 20江南の開発
  • 21オリンピックとソウル
  • 22瑞草三湖アパート
  • 23開発の時代を超えて

ソウル市全体を一目で見下ろせる模型に先端 IT技術を組み合わせたマルチメディア展示室 です。最新の航空写真と精確な測定に基づき 1/1,500の大きさに縮小、再現したソウル市全 体の模型が展示されています。