コンテンツにスキップする

メニューにスキップする


visual_image_1

朝鮮時代のソウル(1392~1863)

500年王都を興す

  • 首都漢陽(ハニャン)の形成

    首都漢陽(ハニャン)の形成

    1394年に太祖が漢陽に新しい都を建て、500年の王都が誕生した。新しい首都は、古くからの伝統と風水…、儒教的理念に基づいて建設された。まず、伝統に基づき、山の地形を踏まえて都城を建てた。王の宮殿は、百岳山(ペガクサン)の麓の吉祥の地に建設し、「周礼」、「考工記」に基づいて左に先祖神(氏神)を祀る宗廟を、右には土地と穀物の神を祀る社稷を設けた。

  • 豊かな村、北村(プクチョン)

    豊かな村、北村(プクチョン)

    北村は、白岳(ペガク)から鷹峰(ウンボン)へと連なる山の稜線に背をもたれ、村の前を流れる清らかな開川(現在の清渓川)を臨む、東の昌徳宮・西の景福宮の両宮を両脇に抱えた地勢であった。住民のほとんどが朝廷に仕える高官だったこの地域は、学問的素養と財産を併せ持ついわゆる京華士族と呼ばれる人たちの本拠地でもあった。彼らは、伝統的に性理学的秩序を追求し、大義名分を重視したが、18世紀半ばになると清の文物にも高い関心を持つようになった。

  • 専門職の村、中村(チュンチョン)

    専門職の村、中村(チュンチョン)

    中村は、漢陽の中央に位置し、現在の清渓川と鍾路(チョンノ)一帯に当たる。ここは専門的な知識と技術を持つ人たちの村だった。通訳をする訳官・医師である医官・法律家である律官など専門職の官吏や官庁に勤める書吏である京衙前のほか、商業を営む人たちが住んでいた。

  • 漢陽の基盤、南村(ナムチョン)

    漢陽の基盤、南村(ナムチョン)

    南村は、木覓山(今の南山)のふもとに広がっていた村である。朝鮮時代、南 村には清廉なソンビ(学者)が集まり、名家も多かった。また、木覓山には 国境地帯の緊急事態を知らせる烽燧台(のろし)があり、美しい景色のおかげで名を馳せた東屋もたくさんあった。

  • 都城外の漢陽、城底十里

    都城外の漢陽、城底十里

    城底十里は、漢城府に属する城の外かく地域を指す。朝鮮時代、漢城府は城内と城の外側の約10里(約4キロ)までの地域を管轄していた。朝鮮前期まではあまり城底十里に住む人は多くなかったが、後期になると漢陽の人口の約50%が住むようになった。麻浦(マポ)・龍山(ヨンサン)・西江(ソガン)などは商業の中心地で、東大門(トンデムン)の外側の往十里(ワンシムニ)・サルゴジボルなどは野菜などを栽培する近郊農業の中心地であった。